マイレージ徹底比較 > NW(ワールドパークス) > NWのオススメカード

NWのオススメカード

NWには、JCBとCITIBANK、ダイナースクラブから提携クレジットカードが発行されています。それぞれ、100円の利用ごとに1マイルずつ貯まります(一部の学生向けカードでは200円で1マイルの加算になります)。

提携クレジットカードを作ると、入会時と初搭乗時にボーナスマイルがもらえます。1人で複数の提携カードを作ることも可能です。

特定のレストランで利用すれば、100円ごとに最大5マイルもらうことができるダイニングーフォー・マイルズなどもあります。

いずれの提携クレジットカードにも海外旅行傷害保険が付帯されています。

NWの提携クレジットカードの年会費は、一般カードでも1万500円からと、高めの設定になっています。特に搭乗に関するボーナスマイルもありませんから、年会費がお得な、提携クレジットカード以外の一般のクレジットカードを利用してマイルを貯める方法もあります。

「DCハッピープレゼント」対象のDCカードか「JCBOkiDOkiポイントプログラム」対象のJCBカードを持っている場合は、これらのポイントをNWのマイルに移行することができます。この場合、それぞれのポイントプログラムのボーナスポイントキャンペーンなどを利用して、獲得できるマイル数を増やすことが可能です。

NWの提携クレジットカードではない、一般のクレジットカードでは、JCBベルネカードやDCカードニュースがオススメです。

JCBベルネカードは、年会賞無料でOkiDokiポイントプログラムに参加が可能な力ードです。ベルメゾンで利用すると、OkiDoklポイントが通常の3倍付け(1千円で3ポイント)になります。

DCカードニュースは、お得な年会費ながら、海外・国内の旅行傷害保険が自動付帯されるカードです。

どのカードを選ぶべきかは、年間のカード利用額によって違ってきます。

入会初年度の場合は年会賞にも割引がありますし、入会ボーナスや搭乗ボーナスの条件を考え合わせると、提携カードが断然オトクです。1マイルの価値を2・625円以上で計算する場合にはNW/JCBWPゴールドカードが、それ以下で計算する場合にはNW/JCBWP一般カードが一番お得な計算になります。

2年目以降は、1マイルの価値を何円換算で考えるかによって、提携クレジットカードと一般のJCBカードのどちらを利用した方がお得かが変わります。例えば1マイルを1 5円換算で計算すると、100万円がその境界です。年間利用額が100万円未満なら、一般のTJCBカードがオトクだし、100万円以上利用するのであれば、提携JCBカードがオトクになります。これが、1マイル2円換算で計算すると、75万円が境界になります。






キーワード